hyou

サプリメントでも人気の「プエラリア」と「プラセンタ」ですが、違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。

両方共「プ」から始まり、響きも似ていて、美容に関連しているので、混乱してしまうのは仕方がないかもしれません。ですが、これら二つは全くの別物ですので、どのような違いがあるかを把握しておいた方が良いです。

本記事では現在話題の「プエラリア」と「プラセンタ」の違いについて説明していきたいと思います。

プエラリアに含まれる「植物性エストロゲン」

プエラリアは学名を「プエラリア・ミリフィカ」と言い、タイ北部やミャンマーの山岳地帯に自生するマメ科クズ属の植物です。

プエラリアは古くから、タイ現地にといて「美容」「滋養強壮」を目的として食されてきたと言われており、現地の方々にとっては馴染みの深い植物です。そのようなことから、タイのみならず世界的にも注目を集め、日本でも胸元やボディラインを気にする女性のバスタップサプリメントとして人気を博しています。

特にプエラリアのポイントとなるのは、豊富に含まれる「植物性エストロゲン」です。「植物性エストロゲン」とは、「エストロゲン」と同様の働きをする、天然の植物の中に含まれる成分を指します。

本来女性の卵巣でつくられる「エストロゲン」ですが、驚くことに植物の中にも同様の働きをする成分があるのですね!!

しかも、「植物性エストロゲン」はわたしたちの食事の中にも普通に含まれているのです。例えば、近年注目度が高まりつつある大豆イソフラボンもその1つです。

美肌の素と言われるコラーゲンを体内でつくるためにも「エストロゲン」は重要と言われており、同様の働きをする「植物性エストロゲン」が美容に強く関連する成分であることが理解できると思います。

プエラリアとプラセンタの違いにおいて、プエラリアが植物であること、そしてエストロゲンと同様の働きをする、という点がポイントになります。

胎盤を意味するプラセンタ

一方プラセンタとは「胎盤」を意味する言葉です。植物であるプラセンタとはこの点で明らかに違うことがわかりますね。

サプリメントやドリンク剤などの健康食品に含まれていることが多く、近年注目されております。健康食品に用いられるプラセンタ(胎盤)は、豚・馬・羊のものが見られます。

プラセンタも美容に良いとされており、注目されています。

プエラリアとプラセンタの併用

プエラリアとプラセンタの併用を考えている方も多いでしょう。

実際にプエラリアとプラセンタの両方が含まれている健康食品もあります。プエラリアは「植物性エストロゲン」が豊富に含まれており、エストロゲンと同様な働きをするので、女性ホルモンが増加するのと同様な働きをします。

一方、プラセンタはホルモンバランスを調整する作用があるとも言われています。

このような役割の違いがあるので、相性としては良さそうですが、ご自身のお悩みに合わせて、ケース・バイ・ケースでどのような使い方をするかを考えて頂くのがベストかと思います。

似たような名前の「プエラリア」と「プラセンタ」ですが、どちらも女性の美容に関連するものですので、まずはお試しをして、自分に合う方を見極めるのもありですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%