京都の細道

こんにちは!

7月の三連休に京都に女子旅をしてきたので、おすすめスポットを紹介します♪

今回は京都出身のお友達がガイドしてくれました!

■先斗町の「豆八」さんでランチ

京都に到着後、早速ランチをしに先斗町(ぽんとちょう)へ。

先斗町は鴨川の近くにある、祇園と並び京都の代表的な花街(芸妓屋さんが集まっている区域)の一つです。京都らしい石畳の細い通りには、歴史情緒ある建物がレストランとして立ち並び、京都の風情を味わうにはピッタリのスポットです。

京都の細道

歴史情緒感じさせる細道です

提灯

提灯も京都ならではですね

いろいろと歩き回って迷った結果、お豆腐料理のお店「豆八」さんに入りました。

落ち着いた個室の店内で、様々な種類のお豆腐や上品なおばんざいをいただき、ガールズトークにも花が咲きます。

おばんざい

お上品なおばんざい

お豆腐

お豆腐もいろいろな種類が

天ぷら

いろいろ出てきます♪

■女子旅必須スポット「八坂神社」へ

美味しいご飯で寛いだあとに、京都いちのパワースポット「八坂神社」へ向かいました。

「八坂神社」は西暦656年に建てられたと言われており、全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする神社約2,300社の総本社でもある歴史ある神社。7月は1か月間、京都のあちこちで「祇園祭」が開催されていますが、この祇園祭は八坂神社の祭礼なんです。

八坂神社

歴史ある八坂神社

八坂神社の境内には様々な神様が祭られており、商売繁盛から縁結び、美容まで様々なご利益があると言われています。

神社内

美容の神様からのご利益を得たいですね♪

お参りの後、縁結びや安産祈願、勝ち守など、それぞれ思い思いのお守りを買いました。

■夏の京都の風物詩「御手洗祭り」でひんやりリフレッシュ

世界遺産である下鴨神社で行われる「御手洗祭り」に参加しました。

「御手洗祭り(みたらしまつり)」とは、毎年7月の土用の丑の日前後に行われ、下鴨神社の御手洗池に足を浸して無病息災を願うお祭りです。

足を浸すことから、別名「足つけ神事」とも言われています。

原生林

美しい原生林

糺の森(ただすのもり)と呼ばれる美しい原生林を抜けると、下鴨神社の境内が見えます。

境内の中に、御手洗祭りのメインである御手洗池があります。

御手洗池

人が集まる御手洗池

御手洗池はお祭りに参加しようと集まってきた人で賑わっています。

お供えのロウソクを買って、池に足を浸けると・・・・

池に足をつける

夏なのに涼しさが

「冷たい!」の声がそこらじゅうで上がっていました。うだるような暑さの京都ですが、この御手洗池は地下から湧き出る冷水が流れているのです。

大人のひざほどまである池のお水ですが、これほどの冷たさには心身共に清められて、無病息災にご利益がありそう!

池の中を進んでいくと小さな祠があり、そこにロウソクを灯してお供えします。

池の様子

心身ともに清めたいですね

ご神水

お清め完了

池から上がった後は、ご神水をいただくことができます。冷たく美味しいをいただき、身も心もお清め完了です♪

ご利益ももちろんなのですが、予想をはるかに上回る御手洗池に浸かるのはとても楽しく、すっかり童心に帰ってはしゃいでしまいました。

7月の京都は祇園祭でとても賑わっていますが、イベントも盛りだくさんで一味違った楽しみ方ができました。

今年の夏は、京都を訪れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%