プールの様子

バンコクよりサワディーカー♡
バンコク駐在(暮らしながら)旅するタイの情報をわたくしYumiがお送りしていきます!

土日で1泊2日、またまたホアヒンに行ってきました!

タイ付近のリゾートおすすめ記事はこちらから
プーケット(club med)
プーケット(B-Layton)
ホアヒン(シェラトン)

おすすめポイントをリポートしたいと思います。

◎ホアヒン

ホアヒンはバンコクからほど近くにあるビーチリゾートです。プーケットやクラビに行くには飛行機に乗る必要がありますが、(国内線で約1~1.5時間) ここにはなんと車でいけちゃうんです。
車で約2~3時間でもうこのビーチリゾートに!

ビーチリゾート

バンコクから車で行けるビーチリゾート(引用元:iLikeHuaHin)

改めてタイのビーチリゾートの豊富さを実感します。これなら週末サクッと一泊二日で行くこともぜ〜んぜん可能です!

さて、バンコクから車で行けるビーチリゾートとして一番有名なのは、パタヤビーチです。
「パタヤビーチへ、ようこそ!」って聞いたことありませんか?
でも、わたくしはパタヤよりホアヒンを断然お勧めいたします!その理由は前回のホアヒン・シェラトンホテル&スパの記事をご参照ください!

◎インターコンチネンタルホテル ホアヒン

今回私が泊まったのは、インターコンチネンタルホテルホアヒンリゾートです。ご存知インターコンチネンタルホテルは東京にも展開している高級リゾートホテルチェーンです。
前回レビューしたシェラトンホテルに比べ、1泊あたりのお値段も1万円前後高く少々敷居は高いです。が、その意味は十分あるので、特別な日に泊まってみることをおすすめします!

シェラトンホテルとの比較をしてみます。

■部屋

部屋の広さはインターコンチネンタルホテルのほうが少し広いですが、なんといっても一番の違いはバルコニー!美しいお庭を眺めながらバルコニーでゆっくりすることができます。

インターコンチネンタルの部屋

広い部屋!(引用元:Thai2Ticket)

お昼の日差しが厳しい時でも安心、自動の日除けも付いているので日焼け対策もバッチリ!この辺りに大人向けリゾートたる所以があると感じました。

夜の部屋の様子

夜はまた違った雰囲気(引用元:リンク)

夜はここから美しい夜景を眺めてリラックスできます♬

■プール

プールの広さではシェラトンに軍配が。
ただ、スタイリッシュさで言うと断然インターコンチネンタルホテルです!

プールの様子

オシャレな雰囲気のプール(引用元:Select Colletion)

じゃぶじゃぶとはしゃいでいる子供もいなく、プールサイドは極めて落ち着いた雰囲気。
プールに突き出た半個室のようなデッキチェアーに陣取れば、アラビアンナイトのお姫様のような気分が味わえます♪

■ビーチ

肝心のビーチは、同点。
両リゾートともビーチに面している一等地にあります。
ただ、ビーチ自体はきれいなのですが、プーケット島のカタビーチなどに比べるとやや劣ってしまう印象。(といっても十分綺麗なのですが!)
ビーチを眺めながら美しいプールで泳いで、プールサイドでカクテルを飲む。そんなおしゃれステイがおすすめです!
ビーチ
ビーチ

パタヤより断然おすすめの近場ビーチリゾート「ホアヒン」
特別な日をお祝いする、もしくは落ち着いた大人リゾートステイには
インターコンチネンタルホテルホアヒンリゾートが オススメです!

わたくしがバンコク駐在で現地生産を管理しているのが、プエラリアサプリメント。
プロの職人が目利きした最高のプエラリアを安心品質でお届けします!
インターコンチネンタルホテルと同じくらい、レディーズプエラリア99%もオススメです!

InterContinental Hotel Huahin Resort
住所: 33 Petchkasem Road, Prachuabkhirikhan, Hua Hin District, 77110
電話:032 616 999

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%