シンプルながらおいしいクレープ

パリ一番のクレープリー

新宿のタカシマヤ13階にある、ブレッツカフェ。本場のクレープやガレットをたべたくなったときに行きたいお店です。

もともとガレットはフランスの北西部ブルターニュ地方で主食だったのですが、後にデザート用に甘味のクレープが登場。ブルターニュ地方でクレープリー(クレープ料理店)はカフェよりも多いと言われており、日常的に親しまれている伝統料理です。

フランスのフィガロ誌で「パリ一番のクレープリー」に選ばれている、ブレッツカフェ。そんな、本場の味を新宿でも楽しめるのです。

温かい雰囲気の店内、テラスも楽しめる

タカシマヤ13階に登ってお店の前に行くと現れる、フランス語も併記されているメニューが置いてあるお店。ここが、ブレッツカフェ。行ったことはないけれど、ブルターニュ地方の空気を少し感じられる気がします。

お店の入口

お店の入口

お店の中に入ってみると、温かみを感じられる店内が。落ち着いた雰囲気で過ごせそうです。

温かみのある店内

温かみのある店内

もちろん、店内でたべるのも良いのですが、ここにはテラス席も用意されています!

テラス席

テラス席

夏の夜に、風にあたりながらじっくりと伝統の味を楽しんでいると、時が過ぎるのを遅く感じます。人でいっぱいの新宿にいながら、こうした落ち着いた空間でたべるのは優雅な気分になりますね。

そして、テラス席から見える眺め。

テラス席からの眺め

テラス席からの眺め

テラスにある庭園に阻まれて新宿のまち並みはほとんど見えないようになっています。これが一層、新宿にいることを忘れさせてくれます。

丁寧につくられた伝統の味

そして、楽しみのお料理。クレープ・ガレットの種類は豊富なので、お好みに合わせて選ぶことができます。

シンプルながらおいしいクレープ

シンプルながらおいしいクレープ

甘めのキャラメルクレープ

甘めのキャラメルクレープ

日本でたべるクレープといえば、よく道中にある屋台のクレープ。でも、ここのものは全くの別物。

小麦の生地が丁寧にしっかりと焼かれており、素材の味が口の中で広がります。甘みとのバランスも絶妙で、あと引くように甘みが口の中に残ります。

もちろん、飲み物と一緒だとさらに美味しさが増します。

飲み物も

飲み物も

丁寧で上品な味のするクレープ・ガレットをテラス席の解放感と共にたべる体験。なかなかできないと思いますので、新宿の人混みに疲れた際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%