マーライオン

◎バンコクからだとLCCで本当にお得に色々なところに行ける!

こんにちは!

今回はまず、プーケットではなく私が駐在しているバンコクについて書きたいと思います。
バンコクは東南アジアリゾート巡りの拠点として最高です!それは、首都圏に空港が2つあり、ローコストキャリア(LCC)が多数乗り入れているからです。

バンコクの空港

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/)

夜の空港

引用元:バンコク週報(http://www.bangkokshuho.com/)

今回の旅行もエアアジアのプロモーションで往復8000円ほどで行けました。日本で往復8000円だと、あまり遠くへは行けませんよね?

バンコクからであればビーチリゾートのプーケット

プーケット内の写真

引用元:Diving In Phuket(http://www.divinginphuket.net/)

やクラビ

引用元:Latest Wallpapers Zone(http://www.latestwallpaperszone.com/)

引用元:Latest Wallpapers Zone(http://www.latestwallpaperszone.com/)

北はロイクラトンで有名な古都チェンマイ、

引用元:海外ステイ.com(http://www.kaigai-stay.com/)

引用元:海外ステイ.com(http://www.kaigai-stay.com/)

国外であればツインタワーでお馴染みクアラルンプール、

クアラルンプール

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/

シンガポール、

マーライオン

引用元:ナビドットコム(http://www.navi.com/)

バリ島もあるインドネシア

引用元:Traveltats(http://www.traveltats.com/)

引用元:Traveltats(http://www.traveltats.com/)

なども10,000円前後の格安で往復できてしまうんです!

乗り心地は心配いりません。確かに使用機材によってはすこし座席の幅が狭かったりしますが、どっちにしろ乗っているのは1時間程度なので気になりません。

ちなみに気になるディレイやフライトキャンセルですが、私は出張を含め、タイガーエアー

タイガーエア

引用元:Build It Beautiful(http://static1.squarespace.com/)

やライオンエアー、

ライオンエアー

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/

エアアジア等

エアアジア

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/

ローコストキャリア(LCC)を何度も利用していますが、一度もディレイやキャンセルで困ったことはありません。(出発が数分遅れたりすることは有りますが、気にならない程度です)

飛行機を使わない近いリゾートもたくさんあります。王室御用達のビーチリゾートフアヒンや、

フアヒン

引用元:starwood(http://www.starwoodhotels.com/)

歓楽街パタヤ

パタヤ

引用元:amazing Thailand(http://www.thailandtravel.or.jp/)

などは長距離バスでなんと数百円でいけてしまします!

◎バンコクはホテルのコスパがとても良い!

バンコクは世界的にホテルのコスパが良いことで知られています。
理由は、1泊3万円以上の超高級ホテルから~1泊2000円程度のホステルまで数が多いからです。

Booking.comのホテル数を比較すると、

  • バンコク 1260件
  • パリ 3400件
  • シンガポール 380件
  • ニューヨーク 570件
  • ヤンゴン 1707件
  • ローマ 6100件
  • 東京 570件

と、世界トップレベルであることがわかります。
それもそのはず、GDPの10%を観光業で稼いでいるタイは、去年のデモで経済全体に打撃を受けるほどだったのです。

ということで、バンコクのコスパのいい宿を拠点として東南アジアリゾート巡るのが、オススメです。

わたくしがバンコク駐在で現地生産を管理しているのが、プエラリアサプリメント。
プロの職人が目利きした最高のプエラリアを安心品質でお届けします!
オーキッドと同じくらい、レディーズプエラリア99%もオススメです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%