イカリ

原題:Inside Out
2015/アメリカ 上映時間94分
監督・脚本:ピート・ドクター
共同監督:ロニー・デル・カルメン
製作:ジョナス・リベラ
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:メグ・レフォーブ、ジョシュ・クーリー
音楽:マイケル・ジアッキノ
日本版主題歌:DREAMS COME TRUE
声の出演(字幕版):エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、ルイス・ブラック、ミンディ・カリング、ビル・ヘイダー、リチャード・キング、ケイトリン・ディアス、カイル・マクラクラン、ダイアン・レイン
声の出演(吹替版):竹内結子、大竹しのぶ、佐藤二朗、浦山迅、小松由佳、落合弘治、伊集院茉衣、花輪英司、田中敦子
パンフレット:☆(720円/「感情バランス診断」は好きだけど、「日本版主題歌」の歌詞掲載が。。。コラムの芸能人起用は謎です。)

■あらすじ

ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が奮闘していた。しかし、ある時、カナシミがライリーの大切な思い出を悲しい思い出に変えてしまう。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビは急いで司令部に戻ろうと、ライリーの頭の中を駆けめぐるのだが……。(映画.comより引用)

予告編

評価:95点

※以下ネタバレを含みますので、あらかじめご了承くださいませ

素晴らしい映画でした。タイでは日本より(珍しく)上映が遅く、8月に入ってからの公開でした。日曜日の午後ということもあり、周りは家族連れでいっぱい。

ところどころ、専門用語(無意識とか忘却とか抽象概念とか)が出て来て子供はこれ理解できるのかな?と思いましたが、子供からすればかわいい冒険物語、大人からすれば人間の感情や心の動き、すなわち頭の中をとてもわかりやすくかわいくビジュアル化している作品だと思いました。

今までのピクサー作品のなかで一番泣けました。新しい環境になじめないという壁に当たったときの心の状態は、何も子供だけでなく大人にも起こりうることだし、その際「大事な価値観」がストップしてしまう、何も感情がなくなってしまう、悲しみだけが事態を打開できる、というのはすごく示唆深いですし、大人も子供も同時に楽しめる希有な名作だと思いますので、おすすめです!

  1. 心の中で何が起こっているのかよくわかる
  2. 何かを捨てて大人になる・・・(涙)
  3. 感情を無理に押し殺したり押し込めたりするの良くない
  4. マーケティングがクール

1.心の中で何が起こっているのかよくわかる

予告編でも出てくる、5人。イカリ、カナシミ、イライラ、ビビリ、そしてヨロコビ。

イカリ

イカリ

カナシミ

カナシミ

イライラ

イライラ

ビビリ

ビビリ

ヨロコビ

ヨロコビ

この映画は、基本的にライリーという女の子の頭の中で起こっていることです。頭の中にはイカリ、カナシミ、イライラ、ビビリ、ヨロコビ という5人がいて、外からの刺激(言われたこと、されたこと、したこと等)に対して反応します。「はじめてホッケーで点数を入れた!!」→「喜び!」のように。

ここで秀逸だなと思ったのは、彼ら5人はあくまで“反応”しているのであって、自分から選んでそうしている訳ではないということです。

Aという刺激がきたらBという反応をする、というロボットみたいなものだと。この映画は、そんな心の動きをかわいくビジュアル化しているので、自分の感情の波に困っている人は少し距離を置くきっかけになれるのではないでしょうか。自分は凄く考えて、考えた結果このように思って行動しているのだ!って思っても実は頭の中の5人が反応しているだけだったという。

そして、その5人が所々で持ち出す “思い出”。これは大きいビー玉みたいなものにおさめられていて、ことあるごとに5人が呼び出して「ほら、あのときの楽しかったことを思い出そう!」みたいな感じで使っています。

ここで面白いと思ったのはその場の感情で思い出の解釈が変わることもある という表現です。悲しいときに思い出すと、楽しかった思い出も悲しい思い出になってしまう。500日のサマーを思い出しました。


(これはいいときです)

起きているときには考えの電車(train of thoughts) が走っています。そこによく見ると事実(facts)意見(opinion)がごっちゃに置いてあって、すぐに混ざったりしている。こういう細かいところも大人向けのエンターテイメントとして成り立たせている(というかめちゃくちゃ面白い)要素なのだとおもいます。

眠ると、1) その日の記憶を仕分けして、2)夢をみます。その表現がまたかわいくて・・確かに、楽しすぎて目が覚めてしまうことは無いですよね。

2.何かを捨てて大人になる

途中、忘却の谷に落ちてしまったヨロコビとビンボン(小さいときに想像していた友達)は、自分たちの力では這い上がれません。そこで目にしたのは、先ほど忘却の谷に捨てられた、子供の頃ロケットだと信じていた荷車でした。

それに乗り込み、当時と同じように歌をエネルギーにして飛ぼうとするヨロコビとビンボン。でも、うまく行きません。

そこで決心したビンボンは、、二人では忘却の谷を抜けられないと悟り、ジャンプの途中で自分は落ちることを決意します。何も知らないで「うまく行ったー!やったー!」と喜ぶヨロコビ。でも・・・そこにビンボンはいません。忘却の谷を見下ろすと、遥か下にいるビンボンが言います。「ライリーを、月に連れて行ってあげてくれ」もうね、涙が止まりません。こうして何かを捨てることによってすこしづつ大人になっていくんですね・・・

幼い頃にプレイした、スーパーマリオワールドのヨッシー捨てジャンプを思い出しました・・・ごめんねヨッシー・・

ただ、捨てすぎてもいけません。イマジナリーワールドでは、子供の頃から培って来た想像の数々があります。雲の家とかカードの建物とか、お菓子のタワーとか。辛い現実に当たってそれを壊し続けてしまうと、いざというときに乗り越える力も失ってしまうということも表現してました。過度な抑圧はだめ絶対!

3.感情を無理に押し殺したり押し殺したりするの良くない

物語前半、新しい学校になじもうとして、ヨロコビはカナシミを押し込めようとします。その結果、カナシミが暴走し、初日に学校で泣いちゃう。友達もできない。

だんだん心が塞いで来て、何をやっても楽しくないし、今まで大事にしていた価値観やよりどころ(友達やホッケー)もガラガラと崩れていきます。そう、その原因はカナシミを無理に押し込めたことにありました。

壁に当たり、嬉しくないのは当たり前ですが、一番大切なのはしっかり悲しむこと、そうすることで周りの人が力になってくれたり、自分の心の重しがとれて思考ができるようになったりするということ。

ライリーはヨロコビとカナシミが超ガンバって、家族の助けもありなんとか人格的危機を乗り越え、新しい価値観(人格)を構築することに成功していましたが・・・これ、あのまんまヨロコビが忘却の谷に落ちたままだったら・・・大切な価値観がぶっ壊れたまま誰の助けもえられなかったら・・・想像するだに恐ろしいです。自分のそばにいる大切な人にそんな思いをさせないよう、助けにならなくては!と強く思いました。

4.マーケティングがクール

映画鑑賞後、インサイドヘッドのウェブサイトを覗いてみました。その際に見つけたクールなコンテンツは・・・

http://www.disney.co.jp/movie/head.html

ステッカー。

イカリステッカー

イカリステッカー

カナシミステッカー

カナシミステッカー

ヨロコビステッカー

保存ができる!

etc….
なるほど、ラインのステッカーを配布しているのね。と思いましたがどうやら違います。これ、単なる画像!

ちゃんと保存して使ってね、って書いてある!!

公式ラインスタンプは数百万円~数千万円も費用がかかるという話は聞いたことありましたが、この方法はクールですね。

スタンプ的に画像をはっつけるというのは誰でもやっていたと思いますが、公式で堂々とやってしまうところがクールだなとおもいました。(ラインだけじゃなく、ワッツアップやバイバー、フェイスブックメッセンジャーでも使えるしね)

ということで、ピクサー最新作インサイドヘッド、家族でみるファミリームービーとしてはもちろん、悩みを抱える大人なみなさん、泣きたいみなさんにも、おすすめです♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%