ぷえ子と『愛するということ』

エーリッヒ・フロムの、愛するということ

heart

ひとを愛するという行為は感覚的で、運が良ければそこに「落ちる」ようなもの。

運命的な出会いをした二人が恋に落ちるような、そんなラブストーリーは数限りなくありますね。つまり、「愛するということ」は、意識せずとも運命のひとが現れれば勝手に芽生える感情である。これが一般的な考え方です。

でも、このような一般的な考え方に対してNOを突きつけて、「愛とは技術」と言ったのがエーリッヒ・フロム。

エーリッヒ・フロムとは?

エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロムは1900年ドイツ生まれの社会心理学、精神分析、哲学の研究者。

経歴だけを見ると、あまり「愛」とは関係のなさそうな方です。しかし、彼が著した『愛するということ』という本には、ひとを愛するということについて、深く考察がなされています。

学者さんが書いた本なんて小難しくて、役に立たなそう……と思いきや、平易な言葉でわかりやすく、そしてわたしたちの実生活に直接結びつくようなことばかり書かれている。

万国共通のテーマ「愛」について書かれたこの本は、世界的なベストセラーでもあり、誰が読んでも考えさせられることがあると思います。日本から出版されているものは、杏さんや夏木マリさんからの書評が寄せられており、注目度も窺えます。

わたしたちのこころに語りかけるフロムの「愛」に関する言葉の数々にぜひ触れてみてください。

愛は技術なのか?

恋に落ちることと、愛にとどまることは、べつもの

恋に落ちることと、愛にとどまることは、べつもの

最近は結婚したくないというひとが増えているそうです。理由は様々だと思います。

そのひとつに、「結婚したいと思うような相手がいない」という理由もあるのではないでしょうか。一瞬で恋に「落ちて」しまうような運命的な出会いさえあれば、その人と結婚して一生愛していける、と思っているひともいると思います。

そのような考え方からすると、愛に技術なんて必要なく、いかに運命的なひとと出会えるかどうかが重要になります。

この点について、フロムの興味深い言葉があります。

“恋に「落ちる」という最初の体験と、愛している、(中略)、愛の中に「とどまっている」という持続的な状態とを、混同している”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

恋に「落ちる」ことと、愛に「とどまっている」ことは全くの別物、とフロムは言うのです。

最初は好きだと思っていた恋人と、付き合っているうちに衝突が増えていって、ついには顔も見たくなくなるという話はありがち。そう思い返してみると、この言葉が実感できるのではないでしょうか。

恋に「落ちる」ことは感覚的な問題かもしれませんが、「愛する」ということは技術として身に付ける必要があるのです。

ひとつになる。それでも二人でありつづける

恋人に、自分の考えを押し付けたり、束縛したりすること。

このようなことをしてしまうのは、自分と相手を全く同じにしたい、同一化したいという想いからです。相手を愛しているからこそ、このようなことをしてしまうように見えますが、相手への尊重がないこのような行為は「愛」とは呼べません。これは、「支配」です。

どんなに相手を愛していても、二人の人間はどこまでいっても違う人間です。考え方などが全て同じになることはあり得ません。

フロムはこのことを以下のように語っています。

“愛においては、二人が一人になり、しかも二人でありつづけるという、パラドックスが起きる”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

あたりまえのことですが、自分のパートーナーはあくまで「自分とは違う人」ということは意識した上で、その違いを尊重する必要があります。

一見美しい、二人だけの世界

誰も邪魔できない、二人の世界

誰も邪魔できない、二人の世界

ラブストーリーを見ていると、強烈に惹かれ合った二人が恋に落ちて、周りには全く見向きもせずに自分たちだけの世界に入ってしまうことがよくありますよね。

美しくて、理想的な状態であるかのように感じます。でも、これは果たして「愛」なのでしょうか?

またフロムの言葉を見てみましょう。

“「愛しあっている」二人がほかの人には眼もくれないということはよくある。じつは、彼らの愛は利己主義が二倍になったものにすぎない”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

ひとは孤独だから、その孤独を埋めるために他人を求めています。そして、自分の孤独を埋めてくれる他人に出会うと、恋に落ちるのでしょう。でも、どこまでいっても自分と他人が同一化することなんてあり得ません。

だから、二人の世界だけに入って孤独を克服しようとしても、それは孤独な人間が二人に増えただけで、結局は世界から孤立し続けている、とフロムは指摘しています。

「自分の孤独を自分のために埋めようとしているひと」。このようなひとが二人集まって、お互い「自分のために」自分の孤独を癒しているだけなのです。

愛は与えるもの

Gift For You

Gift For You

他人に何かを与えたら、当然その見返りが欲しくなりますよね。

それは当たり前の感情ではあります。しかし、それでも愛というのは、見返りを求めずに、相手のことをひたすらに想って、与えるものです。フロムはこのことを以下のように述べています。

“愛は何よりも与えることであり、もらうことではない”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

じゃあ、恋人のためにプレゼントを一杯あげて、常に尽くせば良いということでしょうか。それも、違います。

「与える」ということは、相手の成長を気にかけることです。決して相手を無条件に甘やかすことではありません。

フロムは、以下のように述べています。

“愛とは、愛する者の生命と成長を積極的に気にかけることである”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

物質的な何かを与えるというよりは、相手の成長を尊重して、常に気にかけるということですね。

愛とは、決意

決意するからこそ、誓える

決意するからこそ、誓える

結婚のときに永遠の愛を誓う。このことが、愛は決意の行為であることを示しています。

フロムの以下の二つの言葉に全て集約されています。

“愛は本質的には、意志にもとづいた行為であるべきだ。すなわち、自分の全人生を相手の人生に賭けようという決断の行為であるべきだ。”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

“もし愛がたんなる感情にすぎないとしたら、「あなたを永遠に愛します」という約束にはなんの根拠もないということになる。”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

本能的な行為だと考えられている「愛」ですが、実はこのように理性的な側面が多分に含まれているのです。決意があるからこそ、初めて「あなたを永遠に愛します」なんて言葉が言えるはずですものね。

愛とは、自立

一人でいられるからこそ、人を愛せる

一人でいられるからこそ、人を愛せる

お互いが相手を必要としていて、相手なしには生きられないような、そんな強烈なラブストーリーはいっぱいあります。

でも、愛することの前提条件は、自立していることです。自分の足で立てることによって、相手のことを気にかけて愛することができる。もし、自分の足で立てなくて相手を求めるとしたら、それはあくまで依存です。

それを表わしているのが、次の言葉。

“もし、自分の足で立てないという理由で、誰か他人にしがみつくとしたら、その相手は命の恩人にはなりうるかもしれないが、二人の関係は愛の関係ではない。”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

そのため、逆説的ではあるかもしれませんが、ひとを愛するためには、一人でいられる能力が必要です。

愛とは、信じること

愛するために必要なもうひとつの能力は、相手を信じることです。そして、「自分を」信じることです。

フロムは以下のように語っています。

“愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、全面的に自分をゆだねることである。”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

相手を愛する行為というのは、見返りが保証されているようなものではありません。お金を払えばモノが買えるような、お買い物とは全く違うのです。

むしろ、報われないことなんていくらでもあるでしょう。

人のことを好きになれない、という人は、きっとどこかで相手を愛することを恐れているのかもしれない。自分が相手を愛していても、その愛が裏切られたり、報われなかったりするかもしれない、と。

しかし、それは相手も一緒です。結局、「報われないかもしれない」というように、損するリスクをお互いが考えていてしまっては、傷つくのが怖くなって相手を愛することができなくなります。囚人のジレンマのようなものですね。

フロムはそのことを、以下のように表しています。

“人は意識のうえでは愛されないことを恐れているが、ほんとうは、無意識のなかで、愛することを恐れている”-『愛するということ』エーリッヒ・フロム

こころに届く言葉、たくさん

フロムの『愛するということ』には、このようにわたしたちの心に直接届く言葉がたくさんあります。

愛について学ぶことなんてない、と思っている方にこそ、ぜひ読んでいただきたいです。

ぷえ子と『愛するということ』

ぷえ子と『愛するということ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%