コップを持っている女性

■そもそも「むくみ」って何?

むくみ(浮腫み)とは、血流やリンパ液の流れが滞ることで、体内に余分な水分が溜まり、身体が腫れてしまう症状です。
お仕事の後やお酒を飲んだ翌日の朝など、足が重たく感じられたり、いつもより太くなっていると感じたことのある方も多いのではないでしょうか。
むくみは疲労感や身体の痛みだけではなく、放っておくとセルライトの原因にもなってしまいます。

■夏は冬よりむくみやすい!

汗もたくさんかき、水分も自然と良く取るようになる夏は、寒い季節よりも代謝が良くなっていると感じがちですよね。
しかし、実は夏はいちばんむくみが起こりやすい季節なのです!

コップを持っている女性

夏のむくみ、ポイントは冷房

その原因は、体の「冷え」によるもの。寒いくらいに冷房が効いている室内にいたり、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎたりすることで、体が冷えてしまいます。この冷えにより、手や足といった体の末端まで血液が行き届かなくなり、水分代謝も悪くなってしまいます。
1日中冷房の効いたオフィスにいる人や、冷たい飲み物やアイスが大好き!という人は特に要注意。

■夏のむくみ対策法7選!

  1. 冷房の効いた場所では、ストールや靴下、ひざ掛け等を積極的に利用して、末端の冷えを防ぎましょう。
  2. お仕事等で長時間同じ姿勢(座ったまま・立ったまま)が多い人は、足首をくるくると回したり、屈伸をしたりして血流が滞らないようにストレッチ!
  3. 締め付けの強い服は避けましょう。服に締め付けられることで、全身の血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。
  4. 冷たい飲み物や食べ物をできるだけ避けましょう。
  5. 夏のお風呂はシャワーだけという方も多いと思いますが、湯船に浸かって身体をしっかりと温めるようにしましょう。冷房ですっかり冷えた身体も血流が良くなります。
  6. 余裕があれば手や足などむくみやすい場所はマッサージしましょう。
  7. 寝る前に塩分の多い食べ物は避けましょう。翌朝のむくみ解消に繋がります。

夏のむくみ対策、いかがでしたか?
むくみやすい夏をうまく乗り切って、スッキリボディで薄着を楽しみたいですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%