お肌にたいせつなビタミンB

美肌ビタミン、ビタミンB

お肌にたいせつと言われるビタミンB。まさに「美肌ビタミン」と言えるような栄養成分ですね。

ビタミンB関連のサプリメントを使っているひとも多いとは思いますが、そのはたらきや特徴について改めて知っておくと、今後どのようにビタミンBとお付き合いしていけば良いかもわかってくると思います。

8つの種類、ビタミンB群

ビタミンBと一言で言ってしまっていますが、実はビタミンBには以下8つの種類があります。これらを総称して「ビタミンB群」と呼びます。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

これらは、それぞれが役割を持っていますが、単独では効果が発揮しにくい特徴を持っています。実はビタミンB群は、お互いに協力し合って体内ではたらくので、一緒に摂ることが望ましいのです!

ビタミンB群とお肌の関係

それではビタミンB群はなぜお肌にとってたいせつなのでしょうか。ビタミンB群は、エネルギーをつくりだすはたらきを持つことで有名ですが、その他にも様々なはたらきを持ちます。その様々なはたらきの中で、お肌と関わりのあるものもあり、ビタミンB群が不足していたためにお肌トラブルが起こってしまったなんてこともあります。

皮膚や粘膜の代謝に関係するビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や粘膜の代謝に関わるはたらきを持っています。皮膚の代謝に関係する成分が不足すれば、当然ニキビ・吹き出物といった肌荒れにつながる可能性があります。レバー、うなぎ、納豆、牛乳、卵といった食品にビタミンB2が多く含まれているので、不足している場合はそれらを摂取することをおすすめします。

丈夫な肌のための、ビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質や脂質の代謝に関わるはたらきを持っています。たんぱく質を有効に使うことを助けるビタミンB6のはたらきにより、丈夫な肌が保たれるのです。また、ビタミンB2と協力して皮脂量を抑えるはたらきも持っています。逆にビタミンB6が不足することにより、ニキビ・吹き出物、皮膚炎などの肌トラブルにつながる可能性があります。肉、魚、大豆、野菜などをたべることによりしっかりと摂取しましょう。

その他にもお肌にたいせつなビタミンB群

その他にも皮膚を健康に保つナイアシン、お肌に栄養を与えるパントテン酸、お肌の健康を保つビオチンなど、とにかくビタミンB群はお肌との関係性が深いと言えます。

お肌の代謝や健康維持に関わりを持っているということもあり、もしお肌になにかしらの違和感がある場合は、ビタミンB群が不足している可能性が高いといえます。そのような場合には、自身の食事を振り返ってビタミンB群がしっかりと摂取できているかどうか、いま一度思い返してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヘルスインパクトレディーズプエラリア99%